Nagano Fledgeとはトビタツマデソダテル

ITは、所詮ツール。大事なのは、「何がしたいか?」
ITは、その「したいこと」を、スマートに進めるための「ツール」です。
長野を、「ITを上手に使える人たち」が集う街にしたい。
長野から、「ITを上手に使える人たち」を育てたい。
そんな想いを共有し、体現し、応援するイベント。

開催概要

「ゼロからイチを踏み出したい」「とりあえず何かやってみたい」「世の中に影響を与える人になりたい」 「いい就職していい仕事がしたい」「とにかく長野を盛り上げたい」「将来が不安…」 そんないろんな想いを持った「ヒナ」たちが、自分の羽を育て、その揚力を試し、信州というフィールドへ 翼を広げて翔び出すまでを応援するイベント。

日時
2020年11月3日(火・祝)~11月7日(土)
場所
信州大学国際科学イノベーションセンター(長野市若里4-17-1 工学部キャンパス内)
主催
長野県、信州ITバレー推進協議会(NIT)
構成員※R2.10.1時点
48機関 順不同

一般社団法人長野県情報サービス振興協会
長野市ICT産業協議会
特定非営利活動法人長野県ITコーディネータ協議会
一般社団法人長野ITコラボレーションプラットフォーム
一般社団法人長野県ディープラーニング協会
一般社団法人長野県経営者協会
長野県中小企業団体中央会
一般社団法人長野県商工会議所連合会
長野県商工会連合会
長野県中小企業家同友会
公益財団法人長野県中小企業振興センター
AI・IoT等先端技術利活用支援拠点
NPO諏訪圏ものづくり推進機構
公益財団法人長野県テクノ財団
一般財団法人松本ものづくり産業支援センター
一般財団t法人塩尻市振興公社
長野県工業技術総合センター
AI活用/IoTデバイス事業化・開発センター
独立行政法人日本貿易振興機構長野貿易情報センター
公益財団法人さかきテクノセンター
公益財団法人南信州・飯田産業センター
国立大学法人信州大学
公立大学法人長野県立大学
公立大学法人長野大学

公立大学法人公立諏訪東京理科大学
独立行政法人国立高等専門学校機構長野工業高等専門学校
長野県工科短期大学校
長野県南信工科短期大学校
株式会社八十二銀行
株式会社長野銀行
上田信用金庫
諏訪信用金庫
株式会社商工組合中央金庫長野支店
長野県信用組合
一般財団法人長野経済研究所
総務省信越総合通信局
経済産業省関東経済産業局
長野市
松本市
上田市
岡谷市
小諸市
伊那市
駒ヶ根市
茅野市
塩尻市
富士見町
長野県

併催イベント

2020年10月17日(土)

全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2020 KAGOSHIMA 「eFootballウイニングイレブン」部門
長野県代表決定戦(長野県eスポーツ連合)

2020年11月18日(水)

働き方改革セミナー(総務省信越総合通信局)

コンセプト

やりたいことを見つける。
やりたいことを見つけた人から
刺激をもらう。

INPUT

Fledged した人からの「学びの場」
  • 特別講演(Niantic,Inc. 野村 達雄氏)
  • 事例紹介/パネルディスカッション
  • セミナー等

自分の揚力を試す。
ライバルを見つける。
他流試合。立ち位置を知る。

OUTPUT

Fledged しようとしているチャレンジャーの「試しの場」
  • 信州ベンチャーコンテスト
  • 信州未来アプリコンテスト0(ZERO) 等

飛び立つフィールドとしての
「信州」の魅力を知る。
出会う。つながる。

MATCHING

Fledge したい人と、信州企業・大学との「出会いの場」
  • 企業紹介
  • 実証事業の成果発表
  • 大学等研究成果発表等

タイムスケジュール

併催イベント

2020年10月17日(土)

全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2020 KAGOSHIMA 「eFootballウイニングイレブン」部門
長野県代表決定戦(長野県eスポーツ連合)

2020年11月18日(水)

働き方改革セミナー(総務省信越総合通信局)

企業・学校等の展示のみをご覧になりたい方は、当日会場にて受付のうえ、ご入場ください。

プログラム

  • 11/3
  • 11/4
  • 11/5
  • 11/6
  • 11/7
  • 信州未来アプリコンテスト0(ZERO)(主催:長野県)

  • オープニングイベント

    会場
    信州大学国際科学イノベーションセンター
    2Fセミナースペース (長野市若里4-17-1 信州大学工学部キャンパス内)
    主催
    長野県、信州ITバレー推進協議会(NIT)
    参加方法
    現地(定員制)、Zoom+YouTubeライブ配信
    時間 プログラム 発表者及びタイトル
    開会 13:15 主催者挨拶 長野県知事 阿部守一
    NIT会長 山浦愛幸
    NIT顧問 安藤国威
    休憩 15分間
    第1部 13:45 特別講演 Niantic,Inc. Tokyo Studio 代表 野村達雄氏
    ※オンラインによるご登壇予定
    15分間 質疑応答
    休憩 15分間
    第2部 15:00 事例発表・パネルディスカッション パネリスト
    下記を参照ください。
    休憩 15分間
    16:45 交流会
    (信州ITバレー構想アンバサダーからの応援メッセージ、名刺交換等)
    閉会 17:30

    特別講演

    テーマ:「シリコンバレー企業 Nianticの仕事に対する取り組みや考え方」

    「シリコンバレー企業の働き方の一例」として、Nianticの仕事に対する取り組み方や考え方について、ご案内します。

    講師

    Niantic,Inc. Tokyo Studio 代表
    野村 達雄氏

    Niantic, Inc.(ナイアンティック社)にて、2018年春より、新しいゲームを開発するために社内に設立したTokyo Studioを率いる。それまでは『ポケモン GO』のゲームディレクターおよび、プロダクト部門のシニアマネジャー。
    Niantic社入社以前は、Googleにて、Google マップに関わるソフトウェアエンジニアとして経験を積む。また、Google マップ上の話題のエイプリルフールプロジェクトである、「Google マップ 8 ビット」、 「宝探しモード」、「ポケモンチャレンジ」などを仕掛けた。Google マップの関連事業に4年間従事し、「ポケモンチャレンジ」に取り組んだことをきっかけに、2014年、当時Googleの社内ベンチャーであったNiantic Labsに参画。GoogleからNiantic, Inc.として独立した後は、2016年7月に配信された『ポケモンGO』の開発を担当した。

    事例発表・パネルディスカッション

    テーマ:「Society 5.0時代、アフターコロナを見据えた県内産業のDX実装・ビジネス展開」

    ・信州ITバレー構想の実現に向けた、それぞれの立場での取組事例の紹介(課題含む)
    ・ウィズコロナ、新たな生活様式における「IT」の可能性、有用性とは何か。

    パネリスト

    (株)ファンコミュニケーションズ
    代表取締役社長

    柳澤 安慶氏信州ITバレー構想アンバサダー

    佐久市出身。広告代理店、プロバイダーを経て、1999年、ネットマーケティング企業のファンコミュニケーションズを創業。東証一部上場。信州ブレィブウォリアーズやAC長野パルセイロなど県内スポーツチームを株主として支援。エンジェル投資家としても数多くのベンチャー起業家を応援している。

    (一社)長野ITコラボレーションプラットフォーム 理事

    荒井 雄彦氏

    シソーラス㈱代表取締役。2004年創業後15年間、大阪を拠点にITコンサルティング、システム開発、デザイン制作等を手がけてきた。2019年に長野市にDXセンターを設立し本社機能を大阪から移転。本人も家族とともに移住し、長野市を中心に地方創生に資する活動を推進している。

    (一社)長野県情報サービス振興協会 理事

    吉迫 文崇氏

    大阪府出身。Iターンで長野歴20年超。
    2001年から、市場調査会社のシステム子会社(インテージテクノスフィア)で社外顧客・グループ内のシステム開発に従事。
    現在、長野駅前事業所にて開発業務を統括。

    AI・IoT等先端技術利活用支援拠点
    AI・IoT活用コーディネーター

    角田 孝氏

    事務機メーカー出身、ITC長野理事研究部長。昨年4月から県の外郭団体にてAI・IoT等先端技術利活用を促進する経営支援活動を行っており、本年10月から信州大学工学部産学官連携室のコーディネータ-としての活動も開始。

    AI活用/IoTデバイス事業化・開発センター
    IoT事業化プロデューサー

    相馬 功氏

    NECにてシステム概念開発部(市場分析R&D)にて業際ソリューションのシステム概念設計に従事。
    ソニーにてメディアテクノロジー、ソーシャルネットワーキング(ソニーミュージック)、NFC/FeliCaでの事業開発。
    現在、ブロケイダ合同会社を設立し、テクノロジーを軸とした地域創生に取り組み、その一環として九州工業大学と北九州市共同での地域イノベーションエコシステム形成プロデュース、長野県でのIoT事業化プロデュースに取り組む。
    並行して株式会社FinGoで非対面決済ソリューション事業開発、地域での働き方を広げるためワーケーション・コンソーシアム・ジャパンを有志と創立し、活動中。

    コーディネータ―
    信州大学 副学長/グローバル化推進センター長

    田中 清氏

    1995年から信州大学勤務
    専門は情報通信技術、とくに画像・映像処理、進化計算を用いた最適化技術など。
    これまで研究室に多数の留学生を受け入れ、国際共同研究の実績が豊富。
    現在、信州大学の国際交流担当副学長、グローバル化推進センター長を務め、大学全体の教育研究のグローバル化に尽力している。

    信州ITバレー構想アンバサダーからの応援メッセージ

    (株)インフォバーン本社 取締役CVO

    小林 弘人氏長野県出身

    <経歴>
    1992年 同朋舎出版入社
    1994年 「ワイアード」日本版創刊 編集長
    1998年 (株)インフォバーン設立

    (株)インフォバーン本社 取締役CVO

    島津 めぐみ氏長野県須坂市出身

    <経歴>
    1987年 富士通(株)入社
    2015年 インフラサービス事業本部長
    2016年 執行役員
    2019年 執行役員常務

  • トレンドセミナー

    テーマ:「New Normalに向けたデジタルシフトの実践」~コロナ禍におけるデジタル技術の活用や事例を紹介~

    日時
    2020年11月5日(木)10:00~11:30
    主催
    一般社団法人 長野県情報サービス振興協会(NISA)
    講演者
    日本電気株式会社 デジタルビジネスオファリング本部
    シニアマネージャー 平野 伸二氏
    参加方法
    現地(定員制)、Zoom+YouTubeライブ配信

    ワーケーションEXPO@信州

    "あなたのビジネスをサポートする、多様なワーケーションスタイルに出会う"
    全国に拡がる”新しい働き方・ワーケーション” の今を知り、事例を確かめ、そして直接地域をたずねる。リアルなワーケーション情報を得られる、このイベントに是非ご参加ください。

    このイベントは、ワーケーションに関心の高い企業(参加者)と、ワーケーション受入れ自治体/企業 をつなぐきっかけを創出し、より具体的に「新しい働き方」の実践に向けた取り組みを後押しします。
    講演・セッションの視聴だけではなく、バーチャルブースを出展している自治体・企業や、参加者同士の交流にご活用ください

    https://shinshu-resorttelework.com/expo/
  • パネルディスカッション(10:00~12:00)

    主催:一般社団法人 長野ITコラボレーションプラットフォーム (NICOLLAP)

    テーマ:地方創生×DX DXで本当に地方が変われるのか?

    地方に拠点を構える事業者のDX推進事例や行政施策事例を元に、これからの地方創生の在り方をパネルディスカッション形式で議論し、地方創生に向けた課題感を明らかにする。

    パネリスト

    KDDI株式会社 経営戦略本部 副本部長 理事 地方創生担当 松野 茂樹氏
    広島県 商工労働局 イノベーション推進チーム
    地域産業デジタル化推進担当課長 金田 典子氏、主任 尾上 正幸氏
    関東経済産業局 地域経済部 産業技術革新課 中村 慧氏
    長野県 企画振興部 担当部長 大江 朋久氏

    ファシリテーター

    信州大学経法学部 准教授 武者 忠彦氏

    企業紹介・実証事業及び大学等の研究成果発表

    時間 プログラム 発表者及びタイトル
    開会 13:30 主催者挨拶 長野県産業労働部長 林 宏行
    第1部 13:35 企業紹介・実証事業の成果発表
    株式会社イーエムアイ・ラボ様
    「農業+インフラ+福祉+防災×無人ROBOT」
    13:55 企業紹介・実証事業の成果発表
    株式会社アルスター・株式会社かまくらや様
    「IoTを活用した信州蕎麦の栽培実証実験プロジェクト」
    14:15 企業紹介
    株式会社ライフシード様
    「RouterBoardと最新のWi-Fiローミング基盤」
    14:30 企業紹介
    使えるねっと㈱様
    「信州発純国産クラウドプロバイダー使えるねっとの挑戦」
    10分間 質疑応答
    休憩 15分間 (展示見学)
    第2部 15:10 研究成果発表
    信州大学 工学部 教授 不破 泰氏
    「ITを活用した安全・安心な地域創りー登山者見守りシステムの開発ー」
    15:30 研究成果発表
    長野県立大学 ソーシャル・イノベーション創出センター 課長補佐 川地 尚武氏
    「県内事業所、自治体と連携したリモート参加型プロジェクト学習(RPBL)プログラムの概要とその実践報告」
    15:50 研究成果発表
    長野工業高等専門学校 電気電子工学科 教授 柄澤 孝一氏
    「準天頂衛星システム「みちびき」用小型平面アンテナの開発及び単独測位への課題」
    10分間 質疑応答
    休憩 10分間 (展示見学)
    16:30 交流会(名刺交換等)
    展示見学会
    閉会 17:15
  • 信州ベンチャーコンテスト2020(主催:信州ベンチャーコンテスト実行委員会)

ブース出展者一覧出展企業

2Fスクエアスタジオ

1

㈱ドコモCS様

出展内容

「5Gで創る近未来」
5Gソリューション4点
1.LiveU
2.Vitual Design Atelier
3.Magic leap
4.Ace Real

出展期間

11/4-11/6

2

東日本電信電話㈱様

出展内容

「NTT東日本の農業IoT」
農家の皆様の負担軽減を目的としたセンサーやカメラ、取り組み事例のご紹介を行います。

出展期間

11/4-11/6

3

TOSYSグループ
(㈱TOSYS・㈱アルスター) 様

出展内容

IoTを活用した食品ロス削減・ソバ栽培の生産性向上に向けた取組み事例、オフィスの働き方改革など、積極的なクラウドやIoTの活用による課題解決事例をご紹介します。

出展期間

11/4-11/6

4

キッセイコムテック㈱様

出展内容

【製造事業者様向けAxisIoT】
低コスト、短期間ですぐに始められるIoTクラウドサービスです。
LAN工事や回線契約が不要で、「ポン付け」できる各種センサーもご用意しております。

出展期間

11/4-11/6

2Fセミナースペース

5

信州大学工学部(不破研究室)様

出展内容

「ITを活用した安全・安心な地域創りー登山者見守りシステムの開発ー」
当研究室では、ITを活用した安全・安心な地域創りに取り組んでいます。その一つとして、中央アルプスにおいて評価をしている「登山者見守りシステム」を紹介します。このシステムでは、LPWA技術と5G技術を活用しています。

出展期間

11/4-11/6

6

使えるねっと㈱様

出展内容

~信州を全国のBCP拠点に・そして信州から世界へ~
信州発純国産クラウドプロバイダー使えるねっとの挑戦

出展期間

11/4-11/6

7

㈱ライフシード様

出展内容

・学術無線LANローミング基盤「eduroam」
・世界中の公衆Wi-Fiへの自動接続を目指す「WBA OpenRoaming」
・最新規格「Wi-Fi6」/次世代通信「5G」対応ルータの展示

出展期間

11/4-11/6

8

(一社)長野県ディープラーニング協会(NDLA)様

出展内容

G検定の取得を通したAI人材育成、AI導入相談、民間企業とのAIプロジェクト共同開発、等

出展期間

11/4-11/6

9

㈱イーエムアイ・ラボ様

出展内容

無人ROBOT(農薬散布スプレー車、インフラ点検車両、電動福祉車両など)

出展期間

11/4-11/6

10

㈱NTTデータ信越様・
㈱NTTデータNJK様

出展内容

「xRがもたらす未来を体感」
xR(VR/MR/AR)技術を活用した未来をカタチにしました。来たるべき未来の一部を体感してください。

出展期間

11/4

お問い合わせはこちら

新型コロナウイルス感染予防対策への
ご協力をお願いいたします

Nagano Fledgeでは、新型コロナウイルスの感染予防対策のため、以下の取組みを行っております。ご来場の皆さま及び出展者さま、運営スタッフの健康と安全を考慮したものですので、何卒ご理解いただきますよう、お願い申し上げます。

手消毒のお願い

会場内にアルコールなどを設置し、ご来場者さまにお使いいただき感染拡大防止にご協力をお願いしております。

共有部分の消毒

会場内共有部分をアルコールなど消毒剤にて拭き取り清掃を定期的に実施しております。

換気

ウイルス感染予防の観点から会場内の空気換気のため窓等の開放を実施している場合がございます。

スタッフのマスク着用

ご来場の皆さま、出展者さま、ならびに運営スタッフの健康と安全確保を最優先としてのマスク着用のご理解願います。

ソーシャルディスタンスの確保

会場内、各プログラムにおいては、ソーシャルディスタンスの確保をお願いいたします。また大声での会話などはお控えいただくようお願いいたします。

会場入口での体温チェック

会場入口にて体温チェックをします。発熱(37.5 度)やだるさ、せき、息苦しさの症状がある方、家族や同僚に感染者がいるなど、感染が疑われる方は入場をご遠慮いただくようお願いいたします。

駐車場のご案内

なるべく公共交通機関をご利用ください。車でお越しの方は、若里多目的広場(カネボウ跡地)に駐車願います。